行政書士の難易度と独学について

ご存知の方もいると思いますが、行政書士は難易度の高い試験です。
にもかかわらず、「行政書士に独学で合格できますか?」という質問をする人がいます。
確かに独学で合格できる人もまれにいますが、
ほとんどの方は、途中で挫折してしまいます。

その証拠にとりあえず独学で勉強したが、結局挫折したので、
通信教育を受講したという方が非常に多いのです。
そして、独学で勉強した時間がまったく無駄となります。

では行政書士は、どのくらい難易度の高い試験なのか以下をご覧下さい。

平成15年度 2.89%
平成16年度 5.33%
平成17年度 2.62%
平成18年度 4.79%
平成19年度 8.64%
平成20年度 6.47%
平成21年度 9.05%
平成22年度 6.60%
平成23年度 8.05%
平成24年度 9.19%
平成25年度 10.10%

上記は行政書士の合格率ですが、
この数字を見るだけで、いかに難易度の高い試験なのか理解できると思います。

もちろん、合格率が試験の難易度の全てを物語るわけではありませんが、
少なくてもこの数字を見て簡単だと思う人はいないはずです。

特に平成15年と平成17年度の合格率はわずか2%台です。
つまり、100人受験して2人しか合格できなかったことになります。
それだけ行政書士は難易度の高い試験なのです。

このような試験で皆さんが考えなければいけないのは、
普通に勉強してはいけないということです。

例えば、書店へ行ってテキストや問題集などを購入して、
そして空いた時間に勉強すると言ったいわゆる独学です。

そうでなく、人よりも優れた教材を使い、そして一人よりも多くの時間勉強しなくてはいけません。 そうした現実をしっかりと受けてとめてほしいと思います。

しかし、このサイトを見てくれているあなたは、
行政書士のCDに興味があると思うので、独学で勉強しようとは考えていないはずです。
だとしたら、意識の部分で他の受験者よりも差を付けていると言えます。
後は、良い通信教育を受講して、人よりも多くの時間勉強するだけです。

是非、そのことは肝に銘じておいて下さい。

続き⇒効果的に学習できるポイント