行政書士のCDを分類したら

行政書士の通信講座もたくさんある時代です。それに、どこの事業者も毎年少しずつ講座の内容をチェンジします。CDを出している場合にしても、どこかにマイナーな変更点があっても不思議ではないですね……そんな事情がありますから、CD付き行政書士通信講座の情報はよく混乱しています。

ときどき見かける誤解に、音声型CDと映像型CDをめぐる噂があります。
CDというと、大多数の日本人は音楽を再生するディスクだと思うことでしょう。もっとも、世の中にはCD-RやCD-ROMといったメディアが存在しますし、音声型ではないCD類が、行政書士の通信講座にセットされることがあります

もちろん、映像を再生できるのだったらそれを不要だと思う人はあまりいないでしょう。PC等の再生環境が必要ではありますが。

とはいうものの、映像を使った教材であればDVDのほうがCD類よりもふさわしいのではないでしょうか? DVDにしたって、PC等でも再生できますから使える環境は幅広いです。何よりも画質等の安定感は、トータルで見てDVDのほうに軍配が上がるでしょう。

以上の事情を総合しますと、「CDやCD-ROMが、ついている行政書士の通信講座」の情報を仕入れる場合は、映像型の教材よりも音声型の教材を意識して選ぶほうがおすすめです。映像に関心があるならDVDなりWeb経由でのストリーミングなり、もっと時代に即した種類を選んだほうが妥当でしょう。

続き⇒DLした音声データと比べたら