行政書士のCD講義のメリット・デメリット

行政書士のCD講義が良いといってもその反面デメリットもあります。
そこで、このサイトでは、行政書士CD講義のメリットとデメリットを紹介していきます。

行政書士CD講義のメリット
●テキストだけに比べ、法律を理解するスピードが速く法律の意味を深く理解できる
●通勤電車や移動時など外出先でも聴ける
●時間を有効的に活用して、学習できる

行政書士CD講義のデメリット
●映像講義より学習効果が劣る

以上のようなことが行政書士CD講義のメリットとデメリットです。

まずメリットに関しては、CD講義は持ち運べていつでもどこでも聞けるので、
利便性が高い事です。

行政書士を目指す人は働きながら学習するケースが多く、
自宅以外でも学習をしていかなくては、とても行政書士に合格できるだけの力が付きません。
ですので、CD講義は非常に便利と言えます。

対して、デメリットですが、やはり映像講義に比べて学習効果が劣る事です。

実際に映像講義と音声講義を比べてもらえればわかりますが、
映像講義の方がはるかに学習のイメージがわき易く、 学習効果も高くなります。

そのため、音声だけの講義に比べ、少ない学習時間でも 合格するための力が身に付きます。

ですから、講義を視聴できるような、DVDやパソコンも用意してほしいのです。

行政書士は難易度の高い試験なので、様々な方法の学習が出来るようにしておかないと、
中々合格出来ません。

このサイトに訪れたあなたは、行政書士のCD講義に興味があったのだと思いますが、
最終的な目的はあくまでも、行政書士に合格することだと思います。
ですので、CD講義だけにこだわるのではなく、映像講義も必ず用意してほしいと思います。
それが合格への近道です。

続き⇒何処の通信教育のCD講義が良いのか?