行政書士のCD講義の選び方

行政書士のCD講義の選び方は、良い通信教育選びに直結してきます。
そこで、ここではどのような通信教育が良いのか、 そのポイントを紹介していきます。

●CD講義が付いている
●DVD講義が付いている
●通信教育専門校である
●テキストがフルカラーである
●質問受付に対応している

以上のようなことに注意して通信教育選びをして下さい。

それぞれ解説すると、 まずCD講義が付いてということは当然です。
講義が付いていなければ独学と変わらない学習になりますから。

重要なのは、DVD講義も付いていると言う事です。
正直にいうと、CD講義よりもDVD講義の方が学習効果は高くなります。

何故なら、DVD講義だと映像を見ながら学習できるので、
記憶に残りやすく、法律のイメージがしやすいため、学習効果が高くなります。

次の通信教育専門校であることですが、
通信教育専門校だと教室を抱えないため受講料が安く、
しかも通信向けの教材作りがされています。

例えば、通信教育専用に撮影したハイビジョン講義やフルカラーのテキストなど
通信で学習しやすいような工夫がされています。
これがスクールの通信なら、教室講義をそのまま撮影した講義や
モノクロのテキストなど 通信では学習しにくい教材になっています。

また、スクールの通信は、学習量が多いカリキュラムが組まれているので、
挫折してしまうケースも多くなります。

最後にフルカラーのテキストと質問に対応しているですが、
フルカラーのテキストは、記憶効果が高く、重要事項の要点もわかりやすいため、
効果的な学習をしていけます。

また、質問に関しては、学習していくと、疑問に思うことが出てくるので、
そうした時に対応してくれます。

以上のようなことを注意して通信教育選びをして下さい。

続き⇒CD講義のメリット・デメリット